AER2022はモナコ-ダカール

AER22年 NEWSLETTER
2021年2月11日 主催者発表

現在はまた新型ウイルスの影響による渡航制限の影響が残っていますが、世界的な規模で進んでいるワクチン接種によって、2021年の後半に事態は収束すると考えられています。私たちは、できるだけ多くの人がラリーに向けた準備を開始できるように、第14回大会の主なポイントとスケジュールを発表します。。

スケジュール

2021年2月26日
ウェブサイトwww.africarace.comにおける2022年大会情報の公開。

2021年5月3日
エントリー開始

2021年12月31と2022年1月1日

・南フランスにて車検と行政の検査
・オフィシャルスタート
・モロッコに向けて乗船

2022年1月4日~15日
・モロッコに到着後、第1ステージ開始
・モロッコ、モーリタニア、セネガルの12ステージ。1日間の休息

2022年1月16日
・ラックローズの最終ステージ
・ポディウム
・フランスに向けた車両の船積み

2022年1月末
・フランスの港で車両の下船

アフリカ・エコ・レースのカテゴリー

モーターサイクルイ / クワッド

・カテゴリー1:450 cc
・カテゴリー2:クワッド
・カテゴリー3:+ 450cc
・カテゴリー4:オープン
・カテゴリー5:+ 700ccバイシリンダー
・カテゴリー6:エクスペリメンタル(実験的車両)

・クラス1:女性
・クラス2:ジュニア
・クラス3:ベテラン
・クラス4:マレモト/モチュール・エクストリームライダー(アシスタンス無)

カー/トラック

・グループT1:プロトタイプのクロスカントリー車両、4輪および2輪駆動、ガソリンまたはディーゼル
・グループT2:市販のクロスカントリー車両、ガソリンまたはディーゼル
・グループT3:軽量プロトタイプクロスカントリー車両
・グループT4:SSV「サイドバイサイド」クロスカントリー軽量シリーズ
・グループT5:クロスカントリートラック
・SSVエクストリーム:無改造に近いSSV(サイドバイサイド)。最低重量制限・ターボ付9
25kg、自然吸気825kg

エクスペリメンタル(実験):代替エネルギー車の開発に寄与するためのクラス。電気、太陽電池、ハイブリッドなど未来のモータリゼーションを担う参加者が挑む。

RAIDクラス

あなた自身のペースでの冒険

競技としではなく、冒険の旅として。しかしラリーの重要な一部として、伝説のラックローズを目指すのが「RAID=レイド」です。レース、競走、時間の概念に縛られず、軌跡の大地をあなた自身のペースで楽しんでください。そして毎晩のビバークでは、競技部門の参加者たちも含めたきゃんラバンの仲間たちと、一日の体験を共有してください。

MOTO RAID

エンデューロバイクでもアドベンチャーバイクでも参加できます。ナビゲーションにはERTF GPSを使用。ラリーのルートの一番素敵なところを厳選して案内します。簡単なルートを選ぶことも、砂丘群に挑むこともできます。こんな贅沢があるでしょうか?

CAR RAID

まずは、このRAIDに参加してから、翌年あるいは数年後に、レースとしてのラリーに挑戦したという選手が過去にもたくさんいます。同時に、楽しみとしてこのRAIDに参加し続ける人もいます。車1台あたり2でも3人でも! 恋人、家族、友人たちともに、アフリカの大地で特別な旅を楽しむにも適しています。RAIDの参加者は、スペシャルステージの一番楽しいところを選んで進みます。プレッシャーを感じることなく、砂丘セクションにも挑戦することができます。

AER日本事務局では、日本からの参加者の皆様をサポートしています。日本語対応でのエントリー手続きからレーシングサポートまでお気軽にご相談ください。

AER日本事務局
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿2-29-6
Tel: 03-3440-55

お問合せフォーム

お問い合わせ・資料請求

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。