「2021年を私たちの情熱に満たそう!」 主催者からのメッセージ

去る10月末、私たちは非常に困難で、かつ痛みを伴う決断をしなればなりませんでした。それはCOVID-19の影響によるAER 2021の中止です。しかし、私たちはそのことによって、アフリカエコレースとい大きなファミリーの絆が強固なものであることを再確認することにもなりました。

あらためて、皆様の深いご理解とご支援に感謝申し上げます。

これはまた、アフリカエコレースというものが原初から持っている価値観の証明ともなりました。どんな時でも一人ひとりがポジティブであること。相互扶助の精神。安全を最優先させながら、私たちを駆り立てるものは、冒険、そして別世界への飛躍、そこに向けた情熱です。

私たちはすでに2022年のAER「MONACO-DAKAR」に向けて準備を始めています。キャラバンは、1月4日にモナコをスタートし、まずは海路モロッコを目指します。そしてモーリタニア、セネガルと走り、ダカールの海岸には2022年1月16日に到着。伝説のラックローズに再び集結するのです。

多様な文化、息を飲む美しい風景の連続。アフリカエコレースはクロスカントリーラリーの伝統に則り、いくつもの国境を越えて進みます。

また2021年の10月前半には、アフリカエコレースの参加者が、テストやトレーニングを行うことができるような新しいラリーを行うことも計画しています。これは一か国で完結するものですが、5ステージ、1週間の日程で行われます。

2020年は、誰にとっても困難な1年間となりましたが、前向きな気持ちで新年を迎えましょう。常に新しい冒険への希望を持ち、未来に目を向け、2021年を私たちの情熱て満たしましょう。

あらためて、この場を借りて、皆様のご多幸をお祈りします。そして体調にお気をつけてお過ごしください。

主催者代表
ジャン・ルイ・シュレッサー
Jean Louis SCHLESSERより

本国webサイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。