「7月31日現在の改造箇所」

フランスの工場に連絡して、改造途中の写真を送ってもらいました。助手席側に特製の燃料タンクか装着されました。アフリカエコレースの場合の航続距離はバイクとSXSは300kmでトラックと4輪車は400kmになっております。

写真のタンクは65Lの容量があり、このタンクはFIA(国際自動車連盟)の製造許可を取ってなければなりません。外はアルミの板で囲われてますが、中は耐ガソリンのゴムで作られており、更にその中にはこれも耐ガソリンの荒目のスポンジが入っており、ガソリンの揺れを防止しております。驚いたのは、このガソリンタンクはこの工場で製作されておりました。8月末までに完全に製作が終わるそうです。

10月に工場に行くのが、今から楽しみです。

菅原 義正