「完成しました。」

やっと私の乗るYAMAHA YXZ 1000R 改 が完成ました。
乗員のまわりのパイプがサイズアップされて強化してあります。タイヤは純正の27インチから30インチに換えて前後とも同じ太さのタイヤを使用して、スペアータイヤは両サイドに1本づつ積んでるので乗りづらそうですが重心点は素晴らしいです。マッドフラップは赤色の材料の入荷待ちだそうです。

10月7日に現地のオフロードのテストコースに持ち込み、シートや足回りのセットアップにナビの羽村君と行く予定です。この次は動画で報告したいと思ってます。もう少しお待ちください。

菅原 義正

アフリカレースの車両製作状況です。(2)

車両を製作しているアトリエから新しい写真が届きました。
最初は3週間で出来るとの話でしたが、進行が少し遅いようです。

一枚目の写真はレギュレーションで決められた太いパイプで作られた運転席のゲージに変更されており、後ろの黒いパイプにはテールライトを取り付ける用意がされております。

もう一枚の写真は主催者からラリー中に預かるイリトラックとGPSの取り付けのベースがナビ席に着きました。この部分とアンテナ類と配線はこちらで事前に購入して、車検時に計器を借りて使います。距離計はまだついてませんね。

長年コンビを組んできた羽村君も忙しいのに時間を作ってくれて、一緒にテスト走行に行ってくれる事になりました。せっかくなので主観と運転中の車内の動画を撮るためにゴープロを買いました。オンオフはスマホから遠隔操作で出来るのですね。走行中の動画も必要なので4kのビデオも購入したら、動画の撮影中に写真も撮れるそうで驚きです。10月に行くのが楽しみです。

 

菅原 義正

アフリカレースの車両製作状況です。

段々仕上がってきましたね。
10月6日に羽田を出て、翌日、パリに早朝に着いて、5時間ほど離れた車両製作アトリ
エに行き、打ち合わせを済ませたら、そのアトリエから15分ほど離れた場所に本格的なオフロードコースがあり、テスト走行をしてきます。

コースは日本のゴルフ場位の広さがあり、文化の違いが痛感します。TVの制作会社から映像も取るようにとの依頼もお受けしているので、帰国したらメデイアに取り上げて頂けそうです。私の車両の純正タイヤは27インチなのですが、車高を上げるために30インチを使います。

撮影のためにゴープロを買ったり、出費がだんだんと増えていきますね。きれいな映像は10月中旬に動画で流しますのでお楽しみに。

 

 

菅原 義正