アルジェリアの日程が発表されました

アルジェリアエコレース2021の日程と参加費用が発表されました。このラリーは今年10月に初めて開催されるもので、私共は、アフリカエコレースと並行し日本事務局として、皆様のエントリーをお手伝いいたします。

アルジェリアエコレース2021の試走チームは、まもなく現地に出発。「グランエルグ」に素晴らしいルートを発見するために全力を尽くします。 Read More

軽自動車で挑む、その理由とは

菅原義正は、前回、2020年のアフリカエコレースに初出場し、SSV(小型バギー)クラスで完走しました。次の2022年にもヤマハのSSVでの出場を予定。ターボの追加によるエンジン出力の向上。軽量化をメインにした車体の改良を行い、上位での完走を目指しています。そして2023年には、ジムニーで出場する計画で、現在、車両の製作を進行中です。 Read More

アルジェリアエコレースの発表

2021年2月25日 AERニュースレター

【ALGERIA ECO RACEの開催】

創設以来、アフリカエコレースの原動力、運営のモチベーションは、故ティエリー・サビーヌの足跡をたどり、アフリカの地を舞台とした純粋で伝統的なでクロスカントリーラリーを開催することです。 Read More

AER2022はモナコ-ダカール

AER22年 NEWSLETTER
2021年2月11日 主催者発表

現在はまた新型ウイルスの影響による渡航制限の影響が残っていますが、世界的な規模で進んでいるワクチン接種によって、2021年の後半に事態は収束すると考えられています。私たちは、できるだけ多くの人がラリーに向けた準備を開始できるように、第14回大会の主なポイントとスケジュールを発表します。。 Read More

ラリーの真の目的とは

アフリカエコレースの第1回大会は2009年に開催されました。

2008年、ポルトガルのリスボンでスタートを待つばかりとなっていたダカールラリーが突然中止され、以来、ダカールラリーの舞台は南米へと移りました。

アフリカエコレースは、アフリカでのラリー継続を望んだ、ジャン・ルイ・シュレッサーとルネ・メッジによって始められました。 Read More

年末のご挨拶 – – 冒険とは

本来であれば、アフリカエコレース参戦のために、私たち事務局、そしてエントラントの皆さんもすでにセネガルに飛んでいるはずの年末ですが、今年は、多くの人がホームで過ごしていることと思います。日本事務局代表の菅原義正は、パリダカ参戦に続き、2020年のアフリカエコレース参戦を通じて、ほぼ40年間の年末年始を、フランス、アフリカまた南米で過ごしてきましたが、本当に久しぶりに日本のお正月を楽しむことになりました。 Read More